Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシアトイレ事情

 マレーシア特にKLからちょっと郊外に出ると、整備された高速道路に驚かされます。本当に整備されていて、首都のKLを除くと渋滞もなくスムーズで快適です。
今回の滞在中、マラッカに行く途中に立ち寄ったドライブインなどは施設も大きく、トイレもとても清潔で日本同様です。

 ただひとつだけ大きな違いがあるとすれば、お祈りのできる小さなモスクが常設されていることと、マレーシアのトイレの特徴便器が水浸しになっていることでしょうか?マレーシアの人たちはこれまでの習慣で、いまだにトイレで紙を使わず、便座の脇のホースや桶を使って左手でお知りを洗うということでしょうか?
だからどうしても水びたしになってしますのです。




 清潔といえば清潔なのだけれど、洗ったあとお尻を拭くものがないのが私たちなれないものにとってはたまにキズ!何でもサロンでチョチョト拭いて、サロンは乾いたところとまわしてずらして使うらしい。この話はずいぶん前に、どこかの州のサルタンに嫁いだことのある、日本人のガイドさんに聞いた話なので、現代はちょっと違っているのかも知れません。でも、滞在していたサービスアパートの商業地区の公衆トイレにも便座の脇にホースつきの水道があって、やっぱりびちょびちょにぬれていたから、今でのその習慣は健在なのかも・・・マレーシアの滞在は楽しいし、なんら問題はないけど、唯一中々受け入れがたいのがトイレの習慣かな?最もこれもKLなどの大都会なら問題はないのでご安心あれ!
そうそう、トイレ話で恐縮ですが、KLスターヒルのB1の名所になっているトイレは一度訪問して見て欲しいかな。


マレーシアロングステイヤーに思うこと その2

 海外に暮らそうと思ったら、そこに住む人たちに受け入れてもらって、はじめて生活をエンジョイすることができるのたど思います。日本の環境をすべてそのまま移行させて日本をそのまま持ち込むのはいかがなものでしょう??
「日本語が通じる。」「日本人会がある。」これもいざというときの支えにはなるけれど、マレーシアまで行って、毎日、日本人と日本語で話して、大して面白くも無い、NHKの衛星だけを頼りにしつつ生活し、スーパーで安上がりに食材を購入して、日本食を食べている毎日を送る。言葉に不安があるから、ローカルの友人など中々作れず、せいぜいアパートの受付のお姉さんに挨拶する程度・・・結局マレーシアにいてもマレーシアを感ずることもなく孤独感を味わい・・・・なんだか寂しい・・・
これなら日本にいたほうがよっぽど自由も利くし、楽しめるはずではないでしょうか?




 いくらマレーシア政府がいらっしゃい!!って「MM2H」という長期間有効なビザを発給してくれるからといって、国から招待を受けた国賓ではなく、渡航される方々が自分の意志で決断を下してマレーシアへの滞在を決めるのです。
早まった選択と甘い考えは捨てて、まずは現実を見るところからはじめてみてはいかがでしょう?
せっかくチャンスに恵まれて海外で生活するのなら、その土地の名物料理も味わいたいし、その国ならではの体験だってしたい。住んでいるからこそ生活を通して体験することが出来る楽しみ方もたくさんあるはずです。
海外生活を考えるならケチケチと、つめに火をともすように暮らすのは辛いこと。時間にも資金にもゆとりを持ち、生活そのものを楽しめるように準備して欲しいとの思いがよりいっそう深くなりました。



 

マレーシアロングステイヤーに思うこと その1

 今回の滞在では最高級ホテルやレジデンス、サービスアパートにツーリストクラスのホテルと、色々な宿泊施設を見学して来ました。
団塊の世代を中心に盛り上がりつつある「ロングステイ」の世界ランキング2位のマレーシアの実態を探りつつ、住環境も見てきたということかな。

 ただ、理想と現実のギャップは大きく、月に日本円で5-6万円程度の給料で生活しているローカルの若者よりも貧乏でケチっている残念なうわさがあちこちでささやかれていたのです。
マレーシア政府はMM2Hという長期滞在のビザを発給していますが、その背景にはリタイヤされる方々が、老後の一定期間治安も気候もよく、物価がリーズナブルで政治が安定しているマレーシアで優雅に生活をエンジョイしてください。マレーシアでお金を使ってください。ってことが基盤のはずなのですが、日本に着陸したら誰が言ったか知らないけれど、日本の年金でその三倍のゆとりを持った生活が出来るってことになってしまっているため、現実とのギャップがひどい。

  何しろ日本で維持している住居を保ちつつ、マレーシアでも住いは確保する必要があるということは、2重に経費がかかる。誰かに持ち家やマンションを賃貸してその家賃で優雅に生活するならいざ知らず、日本人の大半はその気質として他人に簡単に家を貸したりしないから、年金だけで何とか賄おうとせざるを得ない。収入の入ってこない生活は不安が尽きないもの。
病気になったらどうしよう?何か事故にあったらどうしよう??
どうしよう・・・・・・??????が潜行してしまい、結果ケチケチのローカルにもののしられるほどの生活を余儀なくされることになる。
今回何より感じたこと、それはまず10日でも良いから生活してみよう。




そのときには最初からケチらず、ホテルで暮らすところからはじめてみてはいかがでしょうか?
それを何回か繰り返し、色々なランクの宿泊施設を体験した上で、本当に心とお財布にゆとりがもてるのであれば正式にビザを申請して長期の滞在にトライしてみたらいいのです。
そのときには、日本の家族と連絡が取れるように、PCのスキルの基礎(メール&インターネットくらいが最低限必要事項)と、日常サバイバルが可能な程度の英会話は身に付けておこくと。



これが何より大切だと思います・・・・


 


 

マレー料理 その2

またまた、マレー料理の話。
この料理見た目はものすごく悪くて・・・真っ黒け!とても美味しそうとはいえない一皿です。実際は生のフルーツがふんだんに入ったサラダでした。確か名前はメモしたはずだったのですが、友人との5年ぶりの再会で話すことが尽きることなく、どこにメモしたのやら・・中には、パパイヤ、パイナップル、ナッツ、青いバナナなんてのが入っていました。とてもおしゃれなゲイのカップルが営業しているカフェでワインと一緒にいただきました。





KLの街にはおしゃれなショッピングモールが数多く点在していてこのお店もそのひとつだった思います。地図上の丸印と記憶とたずねると、「HANKYU JAYA」とか言うところではないかと思われます。中にZARAが入っていたので、多分間違いないかと・・・。

彼女は大の日本びいきで、この数年は日本のストッキングを絶賛しています。KLの伊勢丹でバーゲンの時には買い貯めておくそうです。そこで今回私は「靴下屋」で5本指のソックスセットと、前半分5本指&サンダルようカバーソックスらしきものをお土産に渡しました。とても気に入ったらしく、帰宅後早速試着。TVの上に5本指の足を乗っけて、「結構可愛いじゃない!」と満足したそうな。これでKLでも少しずつはやるかも・・・

マレー料理は中々おいしいもんだ!

デザートから入ってしまったけれど、今回はマレー料理についてお話します。KLに到着初日、久しぶりのババニョニャ料理をいただきました。中華のようなインドのような・・はたまたタイ料理のような・・


ご紹介するのは、初日の夜にいただいたお料理です。とてもおいしかったです。




アジアのおいしいところを凝縮したような料理です。
もちろん、デザートもしかり!アジアンなスゥィーツは魅力的。
ただ、ひとつ残念なのはマレー料理がゆえにアルコールが飲めないことです。
冷えた生ビールと一緒に味わうことができないのが、とっても残念!!
お店によっては、アルコールの持込が可能なところもあるようなので、事前に予約するようなときはその辺も確認しておいた方が良いかも!



向かって左から


海老をから揚げしてあります。次は厚揚げとお野菜に餡がかかっています-


タイ風のグリーンカレー、そして最後はおナスのでした。


 


そう言えば、マレー系の人たちの中で特に厳格にイスラム教を信仰しているひとたちは、中国系のお店には絶対に行かない。なぜなら、そのまな板で、包丁であるいは端で、過去に豚肉と触れたからとか・・
そうそう、家の近所のカレー屋のパキスタン人のマスターがよく言ってます。
お肉(羊も鳥も・・)は必ずナムナム・・とお祈りをしたものでないと、食材にしてはいけないんだそうですよ。


食事ってことで言うと、久々にマレーシアに行って思い出したことは、イスラム信者が多い国ってことで、スーパーで販売しているアルコールは何気に高い!マレーシアの物価から考えるととても高いので、一瞬びっくりします。でも常夏の国で1日動いた後はやっぱり「グィット!!」行きたいよねー。と思ってしまうのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。