Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://malaysiastay2.blog104.fc2.com/tb.php/21-5c14bdfa
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

明日は七夕ですね。
子供の頃は短冊にお願いごとを書いてどうか雨が降らずに、織り姫と彦星が天の側で会えますように!なんて純粋に願ったものです。そういえば出勤途中、おばあちゃんとお孫さんが笹の枝を大切に持って家路に急ぐ姿を見つけました。
きっとたくさんの飾りや短冊をぶら下げて家族で夕食の団欒を囲むのでしょうね。
 日本にはたくさんの祭事がありますが、中国がその由来で日本に伝承したことが多いのは誰でも知っていますが、実際にそれを実感する機会はそうたくさんあることではありませんね。


 



 私の場合、遠い昔シンガポールの中華街でりんごを買おうとしたら、店主のおじさんにアメリカ在住の中国系のミックスだと勘違いされ、「中国人ならプライドを持て!英語なんてここでは使わないで、中国語を使いなさい!」と説教され、何度私は日本人です!中国語はわかりません。といっても信じてもらえず、仕方がないので反省して帰国後勉強します。といってその場を切り抜けたことがありました。
 20才そこそこの私の視線はアメリカに全面的に向いていたこともあり、アジアに対しての認識が本当に甘かったことも事実でした。そして周りを見回せば、中国語の看板に同じ顔つきの人たち。英語を使わなくても共通の漢字というツールがあると実感し、それからNHKの中国語講座でまずは音になれ、やがて週三回OL時代には学校に通いました。
 一時は仕事で中国と頻繁に行き来していたのですが、その往来もなくなりしばらく使っていませんでしたが、まだ知識としては存在していたようで、十数年ぶりに中国出張をしたときには、口をついて中々言葉は出てこなかったものの、相手の言っていることはほとんど理解することができ、先方が中国語で話し、私が英語で答えるという不思議な会話で仕事を乗り切りました。
そういえば英語と中国語ができれば、世界の半分以上の人とコミュニケーションがとれることになるんですね。だったらマレーシアが最良の場所かも知れません。香港シンガポールよりマレーシアの華僑の人はきれいな北京語を話します。共通語は英語ですし、マレーシアの滞在は語学の面でも一粒で二度おいしい!ショッピングの時には在日の華僑ってことにしていただいて、値段交渉楽しんでいます。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://malaysiastay2.blog104.fc2.com/tb.php/21-5c14bdfa
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。